文字サイズ
社会連携推進センター

ご挨拶


副学長・社会連携推進センター長・教授
井上 隆信

豊橋技術科学大学は,技術科学に関する教育と研究を通して社会に貢献することを使命としています。この使命とともに、第三の使命として、「人材育成や地域課題を解決する取組などを通じて地域に貢献する」ことを掲げています。このことは、第3期「国立大学法人豊橋技術科学大学中期目標」の前文においても「社会貢献,連携の目標」として掲げ、「技術科学の成果を広く活用して,種々の組織との連携のもと,社会が抱える課題の解決に努めるとともに,地域社会の活性化に貢献します。」と謳っています。このため、従来の社会連携推進本部を拡充し、28年度から社会連携推進センターを発足させることになり、初代のセンター長を拝命しました。
本学は地域の強い要望と支援により設置された経緯から、開学当初より「社会貢献」に積極的に取り組んできており、市民向け講座、小中高校生向け講座、各種人材育成等の各種事業を実施してきましたが、社会人向けの人材育成プログラムや、理工系の人材育成プログラム等、地域社会の活性化、教養・文化の向上、科学技術系人材の育成につながる活動をより一層拡充させていきます。どのような講座を開設すればよいか、どのような地域貢献が望まれているか等について、地域自治体、企業、商工会議所、教育・研究機関、NPO法人等と連携し、地域の皆様からのご意見やご要望を積極的にとり入れて、社会連携を推進してまいりますので、皆様方のご支援をお願い申し上げます。