文字サイズ
活動報告

ホーム > 活動報告 > 高校生向け講座 > 愛知県立豊丘高校の生徒が本学で実験実習を行いました。

愛知県立豊丘高校の生徒が本学で実験実習を行いました。

カテゴリ:高校生向け講座|掲載日:2019年08月08日

 8月1日(木)、2日(金)に、愛知県立豊丘高校の生徒が本学を訪れ、応用化学・生命工学系 浴 俊彦教授の指導の下、DNA塩基配列(DNAバーコード)解析による生物分類についての講義を受け、貝の分類実験を行いました。このような実験を通じた高大連携活動は、豊丘高校と浴教授との間で2015年度より続けられています。

 今回は、1日目に、次世代シークエンサーによるDNAバーコード解析について講義を受け、PCRやアガロースゲル電気泳動法などの基礎知識を学んだ後、豊橋市周辺の海岸から採取した8種類の貝試料から2種類のミトコンドリアDNA断片をPCRで増幅しました。2日目は、アガロースゲル電気泳動によりPCR産物の分析・精製と塩基解列解析の準備を行い、塩基配列の違いに基づいて貝の分類ができるか実験を行いました。

P1030904.JPG

P1030934.JPG